群馬大学公開講座
群馬大学公開講座HOME 講座一覧 申込方法・お問合せ先 群馬大学HOME


詳細情報

講 座 名
市民のための憲法講座 ― 判例から憲法を学ぶ!
講座概要
 憲法についての重要判例を素材にして一般の方々を対象に講義することにより、具体的な憲法的知識や広く憲法的なものの見方、考え方を身につけてもらうことを目的に講義をしようとするものである。とりわけ最高裁の憲法判例には、誰でも知っている有名な判例や、一般の方々にも興味深い判例が多く、楽しく学んでもらえるはずである。また、それを知っていることで日常生活において得をする判例も少なくはない。なかには、なぜ裁判官がそのような判決を下したのか疑問に思う判例もある。そのような時に、その理由をじっくりと考えることにより、憲法的な論理的思考力が涵養されるのである。時には、その理由に驚嘆することもあるかもしれない。判例を通して憲法の面白さをぜひ味わってほしい。

          実施責任者:社会情報学部准教授 藤井 正希 

会場
社会情報学部棟106講義室
コース Aコース
募集人数 20人
総学習時間 3日間
対象者 一般市民
申込期限 8月25日(金)
受講料 5,200円
講義日程 日程 講義内容 講師

1

9月8日(金)
18:30 〜 20:00
【人権についての重要判例@】
基本的人権のなかの平等権と自由権についての重要な憲法判例を見ていく。平等権では、尊属殺重罰規定事件、非嫡出子相続分規定事件、女子再婚禁止期間事件等を、自由権では、立川反戦ビラ配布事件、愛媛玉串料訴訟、エホバの証人輸血拒否事件等を検討する予定である。
社会情報学部
社会情報学講座
准教授 藤井 正希

2

9月15日(金) 18:30 〜 20:00 【人権についての重要判例A】
基本的人権のなかの社会権と参政権についての重要な憲法判例を見ていく。社会権では、朝日訴訟、堀木訴訟、旭川学力テスト事件等を、参政権では、議員定数不均衡訴訟、外国人地方選挙権訴訟等を検討する予定である。
社会情報学部
社会情報学講座
准教授 藤井 正希

3

9月22日(金) 18:30 〜 20:00 【統治についての重要判例】
政治のしくみに関する重要な憲法判例を見ていく。平和主義についての砂川事件や長沼事件、司法についての苫米地事件や富山大学単位不認定事件、板まんだら事件、財政についての通達課税事件等を検討する予定である。
(ただし、参加者と相談の上、取り扱う判例は適宜、変更していく)
社会情報学部
社会情報学講座
准教授 藤井 正希

講座終了



講座一覧へ戻るこのページの先頭へ

Copyright(C)2004 Gunma University All rights reserved.