群馬大学公開講座
群馬大学公開講座HOME 講座一覧 申込方法・お問合せ先 群馬大学HOME


詳細情報

講 座 名
質的データの解析
講座概要
 インタビュー調査やアンケート調査によって収集されたデータは、何も数値のデータに限定される とは限りません。この種のテキストデータの収集方法及び分析の仕方を学習するのが本講義の内容です。コーディングやテキストマイニングといった技法を学習します。
 Rを用いた演習が含まれるため、本講座への参加にあたっては、RおよびRStudioがインストールされたWindowsノートPC(無線LAN機能付き)をご持参ください(ノートPCの貸出も可能ですが、数に限りがあります)。統計学の基礎やRのインストール〜基本操作を含む初歩的な内容から学びたい方は、2017年11月〜12月に開講される「基礎から学ぶ統計学」をあわせて受講することを推奨します。

実施責任者:社会情報学部准教授 新井 康平

会場
社会情報学部棟講義室
コース Aコース
募集人数 10人
総学習時間 2日間
対象者 一般市民
申込期限 12月25日(月)
受講料 7,200円
講義日程 日程 講義内容 講師

1

1月6日(土)
10:20 〜 11:50

【インタビュー調査の方法】
インタビュー調査によってデータを収集する方法を学びます。構造化・半構造化・非構造化インタビューなどについての理解を深めます。

社会情報学部
准教授 新井 康平
12:40 〜 14:10 【テキストのコーディング】
インタビュー結果をテープ起こしした後、どのように取りまとめていくのかを学びます。特に、概念としてとりまとめるための軸足コーディングなどを学習します。
社会情報学部
准教授 新井 康平
14:20 〜 15:50 【テキストマイニング1】
テキストの構造をRによって明らかにするための演習を行います。ここでは、形態素などの解析を学習します。
社会情報学部
准教授 新井 康平
16:00 〜 17:30 【テキストマイニング2】
テキストの構造をRによって明らかにするための演習を行います。ここでは、頻度分析・意味解析などの解析を学習します。
社会情報学部
准教授 新井 康平

2

1月20日(土)
10:20 〜 11:50
【テキストマイニング3】
テキストの構造をRによって明らかにするための演習を行います。ここでは、実際のテキスト用いて、マイニングの実習を行います。
社会情報学部
准教授 新井 康平
12:40 〜 14:10 【QCA(質的比較分析)1】
スモール・サンプルに基づいて因果関係を推定するための方法である質的比較分析(QCA)について学習する。
社会情報学部
准教授 新井 康平
14:20 〜 15:50 【QCA(質的比較分析)2】
スモール・サンプルに基づいて因果関係を推定するための方法である質的比較分析(QCA)についての実習を行う。
社会情報学部
准教授 新井 康平
16:00 〜 17:30 【QCA(質的比較分析)3】
引き続き、スモール・サンプルに基づいて因果関係を推定するための方法である質的比較分析(QCA)についての演習を行う。
社会情報学部
准教授 新井 康平

受付中



講座一覧へ戻るこのページの先頭へ

Copyright(C)2004 Gunma University All rights reserved.