群馬大学公開講座
群馬大学公開講座HOME 講座一覧 申込方法・お問合せ先 群馬大学HOME


詳細情報

講 座 名
Rによる多変量解析入門
講座概要
 統計データ分析によって価値のある情報を得るためには、多数の変数間の関係を分析する「多変量解析」の手法を駆使することが重要になります。本講座では、多変量解析のさまざまな手法の概要を学ぶとともに、統計解析ソフト「R」を用いたデータ分析の演習を行い、実践的なデータ分析スキルの習得を目的とします。
 Rを用いた演習が含まれるため、本講座への参加にあたっては、RおよびRStudioがインストールされたWindowsノートPC(無線LAN機能付き)をご持参ください(ノートPCの貸出も可能ですが、数に限りがあります)。統計学の基礎やRのインストール〜基本操作を含む初歩的な内容から学びたい方は、2017年11月〜12月に開講される「基礎から学ぶ統計学」をあわせて受講することを推奨します。
※各回の講義内容(下記)は一部変更になる場合があります。

実施責任者:社会情報学部准教授 新井 康平

会場
社会情報学部棟講義室
コース Aコース
募集人数 10人
総学習時間 4日間
対象者 一般市民
申込期限 1月29日(月)
受講料 9,200円
講義日程 日程 講義内容 講師

1

2月10日(土)
10:20 〜 11:50
【イントロダクション】
なぜ多変量解析が必要なのかを説明する。また、統計分析に用いられるデータの基本的な構造について説明する。
社会情報学部
助教 鳶島 修治
12:40 〜 14:10 【クロス集計表の分析】
Rを用いたクロス集計表(クロス表)の分析について演習を行う。
社会情報学部
助教 鳶島 修治
14:20 〜 15:50 【平均値の差の検定と分散分析】
Rを用いて「t検定」(2つの集団間における平均値の差の検定)および「分散分析」(3つ以上の集団間における平均値の差の検定)の演習を行う。
社会情報学部
助教 鳶島 修治
16:00 〜 17:30 【相関分析】
「相関係数」(偏相関係数や順位相関係数を含む)を用いて変数間の関係を分析する方法について、Rを用いた演習を行う。
社会情報学部
助教 鳶島 修治

2
2月17日(土)
10:20 〜 11:50
【単回帰分析】
Rを用いて「単回帰分析」の演習を行う。また、最小二乗法の基本的な考え方やモデルの当てはまりを評価する方法について説明する。
社会情報学部
助教 鳶島 修治
12:40 〜 14:10 【重回帰分析】
Rを用いて「重回帰分析」の演習を行う。また、重回帰分析において複数の独立変数を用いる上での注意点と対処法について説明する。
社会情報学部
助教 鳶島 修治
14:20 〜 15:50 【ダミー変数と交互作用項の利用】
ダミー変数や交互作用項を用いた重回帰分析の応用的な方法について、Rを用いた演習を行う。
社会情報学部
助教 鳶島 修治
16:00 〜 17:30 【階層的モデルの組み立て方】
「階層的重回帰分析」と呼ばれる手法について、Rを用いた演習を行う。また、複数のモデルの当てはまりのよさを比較するための方法について説明する。
社会情報学部
助教 鳶島 修治

3
3月3日(土)
10:20 〜 11:50
【主成分分析と因子分析】
「主成分分析」と「因子分析」の目的と基本的な考え方について説明する。また、Rを用いて分析の演習を行う。
社会情報学部
助教 鳶島 修治
12:40 〜 14:10 【クラスター分析】
「クラスター分析」の目的と基本的な考え方について説明する。また、Rを用いて分析の演習を行う。
社会情報学部
助教 鳶島 修治
14:20 〜 15:50 【ロジスティック回帰分析】
二値の質的変数を従属変数とする「ロジスティック回帰分析」の基本的な考え方について説明する。また、Rを用いて分析の演習を行う。
社会情報学部
助教 鳶島 修治
16:00 〜 17:30 【ロジスティック回帰分析の拡張】
多値の質的変数を従属変数とする「多項ロジスティック回帰分析」および順序のある質的変数を従属変数とする「順序ロジスティック回帰分析」について説明する。また、Rを用いて分析の演習を行う。
社会情報学部
助教 鳶島 修治

4
3月17日(土)
10:20 〜 11:50
【イベントヒストリー分析】
「イベントヒストリー分析(生存時間分析)」の目的と基本的な考え方を説明する。また、Rを用いて分析の演習を行う。
社会情報学部
助教 鳶島 修治
12:40 〜 14:10 【マルチレベル分析】
入れ子構造データを扱うための手法である「マルチレベル分析」の基本的な考え方を説明する。また、Rを用いて分析の演習を行う。
社会情報学部
助教 鳶島 修治
14:20 〜 15:50 【パネルデータ分析】
パネルデータ(同一個体について複数時点での情報を含むデータ)を用いた分析の方法と考え方について説明する。また、Rを用いて分析の演習を行う。
社会情報学部
助教 鳶島 修治

受付中



講座一覧へ戻るこのページの先頭へ

Copyright(C)2004 Gunma University All rights reserved.