群馬大学公開講座
群馬大学公開講座HOME 講座一覧 申込方法・お問合せ先 群馬大学HOME


詳細情報

講 座 名
手話で学ぶ手話学
講座概要
 

 2015年に群馬県手話言語条例と前橋市手話言語条例が制定されました。県と市の両方で手話言語条例が制定されたのは全国初です。手話言語条例では手話を「独自の体系を持つ言語」と規定しており、その理解と普及を目的としています。また、群馬県手話言語条例では「手話に関する調査研究の推進」(第15条)も盛り込まれており、群馬大学としても、手話に関する学術的成果を発信していきたいと考え、本講座を企画しました。
 本講座では、講師自らが手話で講義を行うことで、聾者自身が直接手話で学ぶ機会を提供します。なお、本講座は日本財団助成事業「学術手話通訳に対応した通訳者の養成」の一環として実施するものです。


                                   共催(申請中):群馬聴覚障害者連盟
                                    後援(申請中):群馬県・前橋市

実施責任者:教育学部障害児教育講座教授 金澤 貴之

会場
教育学部棟 C204
コース Bコース
募集人数 人数制限なし
総学習時間 1日間
対象者 手話によるコミュニケーションが可能な人
申込期限 2月5日(月)
受講料 無料
講義日程 日程 講義内容 講師

1

2月17日(土)
12:20 〜 13:50
「明治初期の盲唖教育と盲人・聾者のコミュニティについて」
社会事業大学非常勤講師 木下知威
14:10 〜 15:40 「日本手話研究のための日本語学基礎」 大阪大学大学院博士後期課程・学術振興会特別研究員 後藤 睦
16:00 〜 17:30 「手話の不思議から言語の不思議へ」

国立障害者リハビリテーションセンター学院 専任教官

市田泰弘

受付中



講座一覧へ戻るこのページの先頭へ

Copyright(C)2004 Gunma University All rights reserved.